Works 今井直建築事務所の仕事
建築の設計・監理・マネージメント
今井直建築事務所の新築建物における標準仕様


今井直建築事務所では、仕事のご依頼があった場合、必ず私が現地を確認しに行きます。そしてご依頼内容に関する あらゆる情報を入手します。 その後、お客様のご要望をお聞きしてから機能的であり且つ、デザイン性に優れた世界にたった一つだけの「夢」のあるプランを作成いたします。 プラン作成には現場調査費と合わせて有償となりますが、きっとご満足して頂けるご提案が出来ると思います。 また、今井直建築事務所ではCM方式(オープンシステム⇔分離発注方式)といい、ハウスメーカー、工務店に頼らず 直接お客様が工事に携わる大工、左官屋、塗装屋、設備屋などの職人さんの方々に工事を発注し「経費を削減して」住まいを建てる手法も推奨しています。 今井直建築事務所は、日本全国で130社ほどの設計事務所が参加しているイエヒトの会員事務所でもあります。

(クリックでイエヒトの「オープンシステム」へジャンプします)
また、今井直建築事務所の標準仕様(木造住宅の場合)として、機能性、デザイン性はもとより、構造面についても安全な建物とするために 設計前に地盤調査を実施して建物を支持する地盤の強度、地質を確認します。 そして建物が長期にわたり安全である基礎の設計を行います。 耐震性においても「耐震性能3」の基準をクリアした構造、 または これと同等の耐震性の高い住まいを設計し、お客様の大切な財産と、ご家族の命を守ります。
(※耐震等級3とは建築基準法で定められた基準の1.5倍の耐震強度を要する。) そして、床下においては湿潤状況になりやすい場所でもあり基礎パッキンを使用して床下の通気を行うことにより常に乾燥状態であることを保ちます。 それにより、湿気に弱い土台廻りの木材の腐食防止、白蟻被害の防止にもなります。外壁及び屋根には、通気工法を採用し、 断熱材は断熱性能、そして気密性の高い発砲ウレタン系を使用することにより、夏季に涼しく、 冬季が暖かい外気温の影響を受けにくく冷暖房効率の高い住まいを、標準仕様としています。
さらに、建物を漏水被害から守り且つ 過酷な条件にも耐えなければならない屋根材については、 耐久性、耐候性がありまた 加工性も良く鉄板にアルミニウムと亜鉛を主成分としたものを工場でメッキ加工を施した「ガルバリウム鋼板」を標準仕様としています。 耐用年数は25年~30年と言われていますが、価格もアルミ、ステンレスと比較して安価でもあります。 そして、下地のルーフィングにおいては屋根材の耐用年数に見合ったものを選ぶことが大切です。このように、今井直建築事務所では総合的な仕様のバランスを考え、 品質が高く デザイン性があり且つ、無駄を省いた住まいの設計に努めています。
建物の引き渡し後も、お客様とは長いお付き合いをさせて頂いています。 お引き渡し後の建物定期点検と合わせて、メンテナンスなどのご相談にも積極的に応じています。 メンテナンスを定期的に行う事により建物の寿命も大きく異なります。住まいはお客様の財産であり、私にとりましても思いのこもった作品であります。 私が手掛けた建物が、長い期間 機能性、デザイン性に劣ることなく、構造的にも強度を保ち耐震性を持続することができる住まいづくりを心がけています。 今井直建築事務所は、建築基準法第一条にある「国民の生命、健康及び財産の保護を図り・・」を常に志として業務を行っています。